【海外インターネット環境】世界のWi-Fi事情【SIM・ルーター・国際ローミング】

大学生

半年くらいかけて、ブログを書きながら世界を放浪する予定です。
なので、どこの国に行ってもネット環境が確保されていなければなりません。
学生であまりお金もないのですが、どのようにネット環境を確保するのが良いでしょうか?

こんなお悩みにお答えします。

日々動画やSNSをたくさん行っており、月で20~30GBを使う方を想定しております。

ネット環境を確保する方法はおもに4つあります

具体的に、ネット環境を確保する方法は以下のようなものがございます。

ネット環境を確保する方法
  1. フリーWi-Fiを利用する
  2. 国内キャリアの海外ローミングを利用する
  3. Wi-Fiルーターをレンタルして利用する
  4. SIMカードをスマホに挿して利用する

この4つを具体的に検討してみましょう。

フリーWi-Fiを利用する

日本とは異なり、フリーWi-Fiが使える場所はかなり多いようです。
カフェやホテルには大体フリーWi-Fiが設置されているようですし、割とへんぴな場所でもフリーWi-Fiがあるようです。

ただ、当然ですがフリーWi-Fiがない場所や電波が弱い場所もあるわけで…。
ネットが一時繋がらなくても気にしない方であれば良いですけど、そうでない方にとってはネット環境が不安定なのは避けたいですよね。

フリーWi-Fiは名前の通りお金がかからないので、もしあるのであれば積極的に使うべきだとは思いますが、もう一つくらいネット環境を確保する手段を用意しておいた方が良いとは思います。

カギマークが付いていないのは暗号化されていないWi-Fiです。通信内容をハッカーに盗み見されいる可能性もあるので、カギマークが付いていないWi-Fiを利用する際はそのことを念頭においておきましょう。

国内キャリアの海外ローミングを利用する

これはあまり使う方はいないとは思いますけど…。
ご存知の通り、料金がかなり高額になってしまいますからね。
大手3大キャリアだと、1日あたり以下の料金がかかります。

大手3大キャリアの1日あたりの料金(海外ローミング)

※どれだけデータを使っても上記の料金ですが、これは「海外で使用する手数料」のようなもので、普段契約しているプランのデータ容量以上に使うことはできません。

私が契約しているSoftBankは論外だとして、Docomoやauでも1ヶ月で3万円程度が普段の通信料に上乗せしてかかってきます。
短期の旅行であればDocomo・auはありかもしれませんが、長期間の旅であればないでしょうね…。

Wi-Fiルーターをレンタルして利用する

こちらは短期旅行などでよく利用する方もいると思われますが、長期だとどうでしょうか?
結論からいうと、こちらもオススメはできません…。

例えば「イモトのWiFi」ですとだいたい以下のような料金プランです。

「イモトのWiFi」世界周遊の料金プラン
  • データ容量:3日で400MB
  • 料金:1,580円/日
  • その他:受け取り手数料などが追加でかかります。
  • HP:【公式】イモトのWiFi

アジア周遊などの地域限定でしたり、早割などを使えばもう少し安くなるのですが、それでも1,000円/日はかかってしまいます。
他にも探してみたのですが、最安値でも「1日に使用できるデータ容量が1GBまでで、料金が1,000円程度」でした。
1ヶ月で3万円前後はかかってしまうので、こちらも長旅には向かないでしょうね…。

SIMカードをスマホに挿して利用する

最後はSIMカードを購入して、スマホに挿して利用するというもの。
結論から言うと、この方法がダントツで安いのでオススメです。

例えばタイ・バンコクのスワンナプーム国際空港にあるAIS(タイの大手キャリア)のショップでは、以下のような安い価格でSIMを購入することが可能です。

価格(タイバーツ) 価格(日本円) 期間(日) データ容量(GB)
299 1,047 8 3
449 1,571 10 3.5
549 1,921 30 4.5
849 2,971 9
1,049 3,671 15
1,849 6,471 24
2,699 9,446 36
3,549 12,421 48

※1タイバーツ=3.5円で計算しております。

タイに30日滞在するとして、6500円程度払えば24GBを使用できるというのがすごく魅力的で、日本にいるのと遜色ない価格・データ容量でネットが楽しめます。
タイの物価が安いというのもありますが、ニューヨーク(ジョン・F・ケネディ国際空港)やパリ(シャルルドゴール国際空港)で購入しても1GBあたり1,000円以下で収まるものばかりで、他の手段と比べても料金の面で優れているというのは間違いがありません。
国ごとでSIMカードを購入しなければならないというデメリットはありますが、空港のいたるところにSIMカードの販売窓口・自動販売機があるので、あまり気にならないのではないでしょうか。

具体的に、以下の流れでSIMカードを利用することができます。

SIMカードの利用の流れ
  1. 旅行に出発する前にSIMロックを解除しておく
    国内大手キャリアのスマホですと、SIMロックがかかっているものがあるので、店頭で解除してもらう必要があります。
  2. SIMカードを準備する
    空港で購入するというのもアリですが、行き先が決まっているのでしたらあらかじめAmazonなどで安く購入しておくのも手です。
  3. SIMカードをスマホに挿し込む

結論:SIMカードを使いましょう

フリーWi-Fiを除く3つの方法を料金面をメインに比較しましたが、比較するまでもないレベルでSIMカードが優れております。
海外でのネット環境に関しては、以下のように整えるのが良さそうですね。

海外のネット環境
  • 基本的にはSIMカードを購入し、それを使いましょう。
  • ただ、SIMカードにはデータ容量の上限がある場合が多いので、できる限りフリーWi-Fiを活用しましょう。
外貨

海外旅行で現地通貨を入手する4つの方法【手数料やレートを比較してみました】

2018年11月6日
飛行機

【マイルvsLCC】比較しました!海外のフライトではどちらがお得?【世界を旅行する方必見】

2018年11月5日
私の紹介で特典GET!
  • 【Japan Taxi】クーポンコード:B0D55E

  • 【Uber】招待コード:g35ge65xue

  • 【Uber Eats】招待コード:eats-g35ge65xue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)