【沖縄ひとり旅】那覇からの美浜アメリカンビレッジ【2日目】

注釈

この記事は、2016年3月に私が沖縄本島をひとり旅した時の体験記です。

アパホテルを出発して、まずはバスで首里城公園へ。

まずは首里城の周辺

首里城公園

那覇から手軽にいける、沖縄を代表する観光地です。
沖縄の歴史を感じられる場所で、すごく心が落ち着きました。

首里城

守礼門

ガジュマル

ガジュマルは熱帯地方に分布する木だそうです。
日本だと沖縄以外ではあまり見られないタイプの木です。

鎖之間(さすのま)

鎖之間(さすのま)

鎖之間(さすのま)で沖縄のお菓子頂くことができます。

ヒッチハイク

首里城や守礼門、玉陵等を満喫し、次の目的地の美浜アメリカンビレッジへ。
…ですが、交通手段がないことに気がつきます。調べれば当たり前のことなのですが、特に調べずに沖縄に来たので…。
しょうがないので、ヒッチハイクをすることに。まずは近くのお店でスケッチブックを購入。

1年前に友人と九州に行った際にヒッチハイクをしたことはあるものの、一人でヒッチハイクをするのは初めて。
待てど暮らせど乗せてくれる方はなかなか現れず。スケッチブックを頭上に掲げながら北方向に歩いておりました。

すると、しんとすけという沖縄ローカルの芸人の方に話しかけられました。

サービスサンデー(@service_sunday)というラジオ沖縄の番組の生放送中で、インタビューする方を探していたようです。
ヒッチハイク中の大学生ということで、ラジオの生放送で話しました。一度はこのような体験をしてみたいと思っていたので、すごく嬉しかったです。

インタビューの最中にヒッチハイクに成功。ありがとうございました!

美浜アメリカンビレッジへ到着

美浜アメリカンビレッジ

30分ほどで美浜アメリカンビレッジへ到着。
沖縄の海を眺めるのはこれが初めてで、感動しました。曇りなので晴れの日よりも淀んでいるはずなのに、こんなに綺麗なんだなーと。

アメリカンビレッジではハンバーガーやタコス、ステーキをむしゃむしゃ食べてました。美味しかったです。とにかく食べました。

残波岬でヒッチハイクの失敗に気づく

アメリカンビレッジをひたすら満喫したあと、ヒッチハイクで残波岬へ。残波岬に到着した頃には、あたりは暗くなっておりました。

残波岬灯台
  • 営業時間:9:00~16:00
  • 所在地:沖縄県中頭郡読谷村宇座

なるべく安宿で旅をしたかったのですが、リゾートホテルしか周りにはなく、かといってヒッチハイクもできず。この時間帯は残波岬に向けて入ってくる車はあれど、出て行く車は少ないですからね…。

上記の2枚目の写真の「ZAMPA」と書いてあるロイヤルホテルに泊まりました。

リゾートホテルに1人で泊まるのは初めてでした。温泉も快適、部屋も4人部屋で広かったです。とても心地よく過ごすことができました。

【沖縄・那覇】焼肉もとぶ牧場 那覇店【美味しいもとぶ牛を満喫できるお店】

2018年11月19日

【沖縄・那覇】鉄板焼ステーキレストラン 碧【女性スタッフだけで運営する高級店】

2018年11月19日
私の紹介で特典GET!
  • 【Japan Taxi】クーポンコード:B0D55E

  • 【Uber】招待コード:g35ge65xue

  • 【Uber Eats】招待コード:eats-g35ge65xue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)