【横浜開港祭花火2018】特別クルーズ ロイヤルウィング【海の上から花火を見ましょう!】

皆さん、2018年の横浜開港祭花火は見に行きましたか?
横浜開港祭の花火はクリティが高く、とてもきれいですよね。
その花火を普通にみるのも良いのですが、私は2018年6月2日の横浜開港祭の花火をクルーズの上から見てきました。
今回はそのときの体験を記事にしました。

created by Rinker
ROYAL WING(ロイヤルウイング)
¥11,000 (2019/06/17 22:43:06時点 Amazon調べ-詳細)

特別クルーズ ロイヤルウィング について

横浜開港祭の花火を見るために、ロイヤルウィングというクルーズに乗りました。

ロイヤルウィング

横浜港大さん橋国際客船ターミナルから出航する高級クルーズでして、今回の横浜開港祭花火2018の特別クルーズは、乗船時間が2時間程度で12,000円とやや高めなお値段でした。

ロイヤルウィング号の写真はこちらです。割と大きめです。

ここからは船内およびサービスの紹介です。
こちらが入ってすぐの写真。すごい豪華です…。

階段をおりて、ホテルのようなスペースに案内されました。

今回は中華料理が食べ放題ということで、数々の中華料理が用意されておりました。
少しずつお皿に取って頂いたのですが、ひとつひとつの料理がすごく美味しかったです。

created by Rinker
ROYAL WING(ロイヤルウイング)
¥15,800 (2019/06/17 22:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

船の階段を登ると、屋上にはデッキがございまして、こんな感じできれいな横浜の空を眺めることができます。

ハートの置物がありました。このハートの置物は、恋人の聖地だそうです。

ちなみに、屋上ではとても美味しいスパークリングワインを飲むことができます。

特別クルーズの経路

横浜開港祭花火2018の特別クルーズの経路を紹介します。

まずは大さん橋を出発します。

大さん橋を出発したあと、横浜ベイブリッジの下をくぐります。

横浜ベイブリッジをくぐり抜けると京浜工業地帯が見えます。

京浜工業地帯が見えたところでぐるっと折り返します。
クルーズが通った跡ってこんなに綺麗に残るんですね。右側が全く荒れてないのに驚きました。

今回は花火大会ということで、大さん橋の近くまで戻ったところで船が停止。
他にもクルーズがたくさんおりました。

みなとみらいの街をバックに花火が打ち上がります。
海の上から花火を見る経験はなかなかできるものではなく、一生の思い出になりました。

花火が終わると、ロイヤルウィングは大さん橋へと戻ります。

おわりに

花火大会などのイベント時には特別クルーズが出航するようです。
お酒もご飯もとてもおいしく、きれいな海と花火を満喫できるので、来年は是非乗って見てください。

ロイヤルウィング
created by Rinker
ROYAL WING(ロイヤルウイング)
¥15,800 (2019/06/17 22:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

【横浜・関内】里葉亭【有名人も訪れる焼き鳥の有名店】

2018年11月14日

【横浜・関内】Sisiliya(シシリヤ)【絶品ピザが食べられる予約が絶えないお店】

2018年11月18日
私の紹介で特典GET!
  • 【Japan Taxi】クーポンコード:B0D55E

  • 【Uber】招待コード:g35ge65xue

  • 【Uber Eats】招待コード:eats-g35ge65xue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)